本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.046-888-2145

神奈川県三浦市初声町高円坊1040-2

看護部nursing department

副院長 兼 看護部長 中庭 良枝 挨拶


 医療・看護に求められる様々なニーズに応えるための医療・福祉の改革推進の中で私がいつも大切にしてきたことは、「私達看護職は、患者さん・御家族・地域の方々の協働者であり続けたい」という気持ちです。一般医療において、救急搬送される精神科患者さんの増加を実感し、また、現代の企業・学校・家庭などで心のケアを必要としている方の多さを感じている今、精神科看護こそ、その専門性を発揮し、協働者としての役割遂行を行なうべき分野だと考えます。看護の基本とも言える精神科看護の実践を私達と取り組みませんか。


看護部理念

1. 私たちは看護、介護の良質なサービスを提供します。
2. 私たちは安全で、安心できる入院環境を提供します。
3. 私たちは専門職としての自覚と技術、知識を持ち、質の高い看護・介護を提供します。
4. 一人ひとりの職員が楽しく、誇りを持って仕事ができる職場づくりを目指します。
5. 接遇を大切にし、地域に根ざした精神医療を目指します。

平成28年度看護部目標

1. 自部署の役割機能に応じた目標を具体化し、実現に向ける。
2.人材確保、定着に向けたより良い職場風土を作る。
3. インシデント・アクシデントの発生後の分析及び対策の周知と継続的な実践を行う。
4. 看護の質の向上を目的とした、電子カルテの活用を行う。
5. 具体的な個人目標を設定し、目標を意識して行動する。

教育体制

教育目標
1. 精神科疾患及び障害について理解し、患者さん・御家族の立場に立てる看護師の育成を目指す。
2. 精神科看護の専門性を養い、患者さん・御家族・地域の人々に貢献できる看護師を育成する。
3. 看護師としての役割・責務を認識し、それを果たすことが出来るような人材を育成する。
4. 看護職員一人ひとりが自らの力を伸ばし、発揮できるような教育環境を整える。

教育プログラム(PDF:294KB)


看護研究発表実績

平成26年度日本精神科看護技術協会全国大会(広島)  1題発表
平成25年度日本精神科看護技術協会神奈川県支部 2題発表
平成25年度神奈川県看護協会横須賀地区看護研究発表 2題発表



看護学生実習

神奈川県立保健福祉大学
神奈川歯科大学短期大学部看護学科
蒲田医師会立看護高等専修学校
神奈川衛生学園専門学校
神奈川県立衛生看護専門学校
日精看認定看護師


看護体制

チームナーシング+機能別ナーシングを実施。一部病棟において固定チームナーシングを導入

看護職員募集

採用情報のページへ