本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0463-88-0266

〒259-1335 秦野市三廻部948番地

アルコール治療についてalcoholism

当院はアルコール依存症の方を積極的に受け入れている神奈川県内では数少ない病院です。外来のみでもプログラムに参加できますので、お困りのご本人、ご家族、関係者の方は下記番号までご連絡下さい。

地域連携室直通:0463-87-3550

アルコール依存症と治療

アルコール依存症は、飲酒生活を続けるうち、人間が生物として生存するための原始的な脳のシステム(報酬系)に、「酒を飲む」という行動が条件反射として組み込まれ、あらゆる刺激で飲酒行動が誘発される、つまり飲酒のコントロールを失う病気です。

例えて言うならばブレーキの壊れた車のようなものです。ひとたびガソリン(アルコール)をいれ、アクセルを踏めば大破するまで走り続けてしまいます。「止めないといけない」と思うほど渇望は強まり、周囲の人間の願いも聞き入れられなくなります。

アルコール依存症は、理性で飲酒をコントロールできなくなる病気なのです。
問題なく楽しく飲酒できればいいのですが、依存症は人間の社会機能や健康を著しく害し、その人から大切なものを一つずつ奪っていきます。数々の致命的な身体疾患の原因にもなり、有意に平均寿命が縮むことも証明されています。

つまり、アルコール依存症はただの酒好きではなく、自らも周囲も苦しめ、結果的には生物学的、社会的な死に至る疾患なのです。

意志が弱い、だらしがないという性格の問題ではなく、医療の介入が必要な病気です。依存症は漫然と入院しただけでは全く治療効果はあがりません。飲酒に伴う問題点や、他者に与えた苦しみ、将来的に起こりうる危機に対しどれだけ真剣に向き合い、考えられるかが運命の分かれ目です。真剣に考え行動を起こした人々はしっかりと回復の道を歩んでいけます。我々の治療は専門的な技法を用い、なるべく拒否感を起こさせずに、その動機付けを促進することだと考えております。
当院では医師、看護師、心理士など専門職が連携し、ミーテイングと学習、条件反射制御法を主軸とし、自助グループの方々にも参加頂くという体系的プログラムを構築しております(詳細は担当医師から説明いたします)。

自分の意志でなんとかしようと苦しんでおられる方、他に相談もできず困っていらっしゃるご家族、周囲の方々、まずは一度当院に相談をしてみて下さい。

意志の力でどうしようもない病気なのであれば、そして大変治癒しづらい病気であればこそ、適切な治療を行い、皆で協力し、知恵を出し合うことが重要ではないでしょうか。

当院の体系的な治療、教育プログラムや情報提供を通じて、共に回復への一歩を踏み出したいと考えております。

診療部長(精神保健指定医・日本精神神経学会専門医) 岡﨑有恆

アルコール治療プログラム

 毎週月曜日15:00~ DVD療法 
毎週火・土曜日15:00~  集団精神療法 
毎週水曜日13:30~  行軍 
毎週木曜日15:00~   条件反射抑制療法
毎週金曜日15:00~  アルコール勉強会 
第3土曜日15:00~  自助グループメッセージ 
第4土曜日15:00~  断酒例会 
日曜日以外毎日  作業療法 
毎週主治医担当日 必要時随時  主治医面接 
必要時  心理検査・カウンセリング